情報量を考えるのならブルーレイ作成

情報量を考えるのならブルーレイ作成

ブルーレイが発売されてだいぶ経ちます。
ブルーレイは去年、一昨年に発売されたわけではありません。
だいぶ経ちましたから価格も落ち着いてきました。
DVDからブルーレイにビデオを切り替える人は少なくありません。
DVDからブルーレイに切り替えない人もたくさんいますけどね。
ブルーレイの場合はコストが気になります。
DVDもコストは気になりましたが、ブルーレイはDVD以上にコストが気になります。
どのぐらいのコストで生産できるのかは気になります。
コストが高いと考えてしまいます。
大事な物でもコストがだいぶ掛かると考えますね。
コストが掛かって全く考えないというのはあり得ないです。
コストがだいぶ掛かって「何とかなる」と考える事はできません。
でも、DVDにしてもブルーレイでもコストの事だけを考えて作る事はできません。
CDやテープでも同じですね。
どんな媒体の物でも作成するのにはコスト以外も考えないといけません。
同じ事でずっと行くという事はないです。
情報媒体も同じものをずっと使い続ける事はないです。
テレビもアナログからデジタル、それに4K、8Kと変わってきています。
時代とともにいろいろと進化していっています。
ブルーレイ作成もDVDからの切り替え時期に差し掛かってきています。
多くの情報を入れるためにはDVDよりブルーレイの方が良いです。
多くの情報を入れられる記録媒体は企業にとって大きなメリットですからね。