治療院に通う

治療院に通う

妊活を始めて、しばらく経ったころ、もしかしたら、このまま妊娠しないのではないかという不安が襲い、自分でできることは、してるのになと落ち込んでいた。
その落ち込みを周りには、ばれたくなかったので、いつも平然でいるようにした。
それに気づいたのが、いつも一緒に仕事をしていた人だった。
なにかいってくるわけではなく、ランチはおいしいものを食べようといって、連れて行ってくれた。
先輩に、会社近くにある治療院の話をされた。
冷えに効くから通いたいけど、いかない?と言われ、ついていくことに。
その日から、治療院に通っていると、妊娠した。
鍼灸が私の体にあっていたのかもしれない。
それを先輩に言うと、喜んでくれた。
本当は、私のために連れて行ってくれたのではないかと思った。
鍼灸なんて、視野にもいれてなかったのだが、行って本当によかった。
友達にも勧めた。
とてもよかったよと言うと、いってみるといっていた。
治療院が近くにあって本当によかった。
若い人も結構通っているみたいで、待ち時間によく遭遇している人もいた。
女性にとって冷えは本当に大敵だと思った。