アパートやマンション経営が注目される理由

アパートやマンション経営が注目される理由

自分が持つ土地(不動産)にアパートやマンション(以下、アパート)を建てて、希望者に貸す方法が注目されています。
また、それを反映するかのように、駅に近い土地などにアパートが林立することも少なくありません。
このように土地を有効活用することで、安定した収入を得ることが期待できます。
そのため、働けなくなった場合の生活源確保にも役立ちます。
もちろん、アパート経営による家賃収入は不動産所得として確定申告することが大切です。サラリーマンも含め、確定申告が必要とされるケースを把握しておきましょう。
それとは別に、アパート経営することで「節税」にもつながります。
所得税や住民税の節税が期待されるケースもありますが、「相続税」が抑えられることが大きなメリットなのです。
つまり、アパートを建てることで、相続財産(土地)の評価が下がり、結果的に相続税の節税にもつながります。
該当する土地は「貸家建付地」であり、自用地(自分が自由に使える土地)よりも評価が低いからです。
アパート経営が人気の理由もそこにあります。
このような理由から、所有する土地の有効活用を考えている人は、アパート経営を検討してはいかがでしょうか。