役員でも、ブルーレイの作成を頼むなら

役員でも、ブルーレイの作成を頼むなら

企業じゃないとダメなのかと諦めて、頼むことを考えていました。
どこであれ、企業以外でも頼みたい時がある、ブルーレイについてどこまで頼むことは出来るかです。
自分が担当していることが、ある特定のところであれ役員になることはあります。
学校の場合や、施設などで役員で、どうやって作成したらいいか分からないものです。
それなら、そのまま全部をお願いすることが出来ると便利だとはいえます。
役員などでも、個人と同じかもしれませんが、役員といえばかなりの大役といえるのです。
抱えているのが、役員でも、ブルーレイの作成を頼むなら困るからで助かります。
まず打ち合わせの段階で、相談をして、抱えているたくさんのことをお願いできます。
それから、納品までの間に、オーサリング、検証、プレス、パッケージングがあります。
そのまま全部をお願いするのであれば、編集や字幕などのオプションも付けられます。
そこでこれは必須だといえる、AACS(コピーガード)のCPID(コンテンツプロバイダー)の取得方法などもです。
編集などのオプションを入れても「株式会社ピコハウス」などでお願いが出来ます。
つまり丸投げになるからこそ、納品までは役員が出来ることは、まずは相談です。
打ち合わせは必要になって、ブルーレイの作成を編集まで頼めて便利といえます。